So-net無料ブログ作成
検索選択

2009-7-10 痩男 (やせおとこ)・・・愛情を弄ばれた男の妄執

この面は 生類殺生の故、地獄で呵責に苦しむ猟師や漁夫、また百夜通いの末恋に破れて死んだ深草の少将の霊、などの相貌を現しています。痩せさらばえた表情に、赤目と金環が異様に輝き、その妄執を表現しています。
演目:【阿漕】(あこぎ)、【藤戸】、【善知鳥】(うとう)、【通小町】等 

2987097

SEP/2006習作

 【通小町】(かよいこまち) 古名:四位少将
能柄:四番目物
作者:観阿見作 世阿弥改作
場所:京・八瀬 市野原
シテ:四位深草少将、後ツレ:小野小町の霊
 すじがき:
山城の国 八瀬の里で一夏の仏道修行をしている僧のもとへ、毎日木の実を届ける女にその謂れを問うと、市野原に住む小野小町の化身である、と語って消える僧が市野原へ出向いて弔うと、小野小町の亡霊が現れて受戒を求めるが、深草の少将の霊が現れ「私をただ一人残すのか」と言ってそれを遮り、煩悩の犬となって打たれても離れないと、恐ろしい姿で小町の袂をとって引きとめる。僧が懺悔を勧めると、少将は生前 小町に恋をして百夜通ったが、あと一日という夜に無念の死を遂げた話を再現して見せる。小町が諭した飲酒戒を保った事で、小町も少将も ともに成仏する。
 

2987110


 

キリの仕舞どころ 】
暁は 暁は 数々多き 思いかな 我が為ならば 鳥もよし鳴け 鐘もただ鳴れ 夜も明けよ ただ独り寝ならば 辛からし かように心を 尽し尽して かように心を尽し尽して 榻の数々 よみて見たれば 九十九夜なり。
今は一夜よ嬉しやとて 待つ日になりぬ急いで行かん 姿はいかに 笠も見苦し
風折烏帽子 蓑をも投げ捨て 花摺り衣の 色襲ね 裏紫の藤袴
待つらんものを あら急がしや すわ早今日も 紅の狩衣の 衣紋気高く引き繕い
飲酒はいか 月の盃なりとても 戒ならば保たんと ただ一念の悟にて 多くの罪を滅して 小野の小町も少将も 共に仏道なりにけり. 共に仏道なりにけり 
 
 
2987098

SEP/2006習作

  花の色は うつりにけるな いたずらに
                   わが身よこふる ながめせしまに 

雑考:
この痩男はずいぶん前に打ったもので、面の奇異さのみに捕われ、男の悲しみ・妄執といった感情表現に思いが至りませんでした。また面そのものも、基本から大分離れているようです。その意味で なるべく早く、もう一面を打ちたいと思っています。女性の本性に隠された嗜虐性と冷酷なまでの残虐さ、そして女の罪の深さを心に深く焼き付けられた男の顔が、痩男のテーマではないか?と考えています。


nice!(18)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 18

コメント 16

Nyandam

疲弊、虚脱、放心しているような状態ながら妄執だけがある、
何かに憑かれたような、狂気の世界ですね。
・・普通に経験できる感情ではないですが、意欲の湧きそうなテーマに思えます。


by Nyandam (2009-07-12 10:18) 

般若坊

Nyandam さん コメントありがとうございます。
最近の若者には、”恋に身を焦がす”といった感情があるのでしょうかね・・
非常にクールでドライな感覚には、この苦しみがわからないかも・・・・
狂気・妄執の世界!おっしゃる通り、創作意欲の沸くテーマですが、なんとも難しいですね・・・
by 般若坊 (2009-07-12 14:45) 

くまら

物の怪に憑依されたような表情ですが
瞳に宿る物悲しさも感じられますね。
by くまら (2009-07-12 20:32) 

般若坊

こんにちわ!くまらさん。
コメントとNICEを有難うございます。
次第に暑く寝苦しくなってきたので、少しでも涼しくなればと、物の怪の面を乗っけてみました。
”瞳に宿る物悲しさ”がでていますか?励みになります!ありがとう!
by 般若坊 (2009-07-13 18:53) 

tasuchan

憑かれた狂気、ライティングの問題かしら?
少し、狂気の度合いが薄いような、疲れた男みたいにも見えます。
少し怖い面ですね。
by tasuchan (2009-07-15 01:25) 

般若坊

tasuchan さん おはようございます。
コメントありがとうございます。
ご指摘の通り狂気が今一で、確かに「疲れた男」という表現が当たっているかも・・・
ここら辺に、奇異さだけに捕われた打ち手(私)の未熟さがあります。
心の葛藤が表情に出てくるよう、再度打ってみたいと思います。
ありがとうございます。
by 般若坊 (2009-07-15 07:36) 

sig

こんにちは。
下目がちの相貌から物悲しさが感じられます。
けれども奥にはやさしさが秘められているような感じです。
面を撮影するのは難しいでしょうね。
あかりの当たり方で表情が変わりますから。
写真的にもすばらしいと思います。
by sig (2009-07-17 16:30) 

般若坊

sig さん コメントとNICEをありがとうございます。
写真の先輩にほめていただくと、何か面映い感じがします。
面は 確かにやさしいと言うか、弱々しさが出ちゃっていますね!
妄執に捉われ、「地獄の底に引き込んでやろう」とする、ものすごい執念みたいなものが、感じられません。
これをどう表現していくか・・・・難しい課題です。ありがとうございます。
by 般若坊 (2009-07-17 19:58) 

くまら

サイドバー、シギでしょうか?
綺麗ですね^^
by くまら (2009-08-03 18:47) 

ロック

はじめまして。
素晴らしいです。
最近、能などに興味があり近々見に行く予定です。
by ロック (2009-08-04 15:12) 

般若坊

くまら さん ようこそ!
そうですか!シギと言う鳥ですか!
水鳥であることは分かっていましたが、種別は知りませんでした。
和画の掛け軸に、涼しそうな光景がありましたので、拝借しました。
確かに綺麗ですね!泥絵の具をニカワで溶く色彩は、洋画とはまた違った趣がありますね!ありがとうございます。
by 般若坊 (2009-08-04 22:22) 

般若坊

ロック さんいらっしゃい!
能に興味をお持ちとか・・・ なるべく本物を数多くご覧になりますように!
またご覧になる演目の筋書き、面、衣装等についてあらかじめ調べてから、ご覧になると理解が早いです。
囃方(はやしかた)の演奏も一つの芸術です。大鼓(おおかわ)が、会場の空気を切り裂いて音が染み渡るのも、是非ご経験ください。
ありがとうございます。
by 般若坊 (2009-08-04 22:30) 

こけもも:

最近の記事しか読んでないので、後日改めて最初から読ませていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
by こけもも: (2009-08-09 00:31) 

般若坊

こけももさん ご来訪ありがとうございます。
拙い面と解説ですが、ご理解の一助となれば幸いです。
ありがとうございます。
by 般若坊 (2009-08-09 09:55) 

般若坊

kurakichiさん、yannさん、takagakiさん、アヤメ7さん、阿呆市さん、父ちゃんさん、asterionさん、mippimamさん、ponchiさん、rose-kさん、やまべぇさん Niceをありがとうございます。気がつかないでお礼が遅れましたことを、おわびします。
by 般若坊 (2011-07-06 16:08) 

般若坊

あゆさこさん Niceをありがとうございます。気がつかないでお礼が遅れましたことを、おわびします。
by 般若坊 (2011-11-18 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。