So-net無料ブログ作成
検索選択

2008-12-25 狐蛇 この恐ろしくも 滑稽な面!(3)

 

【 狐蛇 】 (きつねじゃ) : 能 「小鍛冶」に使用されます。

一条帝は小鍛冶宗近に剣を打たせよとの霊夢を見ます。申し付けられた宗近は相槌を努めるものがいないと悩み伏見稲荷に願をかけたところ、稲荷明神の霊狐が現れて宗近を助け、平和と豊かな稔りを約束する剣を打つ、という祝意あふれた筋書きの能です。
霊狐の面としては【狐蛇】の他に、【小飛出】、【泥小飛出】等が用いられます。

【 小鍛冶 】
kokaji04.aJPG.jpg

 


宗近 勅にしたがって 則ち壇にあがり 不浄を隔つる七重の注連 四方に本尊を掛け奉り 幣帛を捧げ 仰ぎ願わくは人皇六十六代 一條の院の御宇に その職の誉を蒙る事 これ私の力にあらず 伊弉諾伊弉冉の尊 天の浮橋を踏みわたり 豊芦原を探り給いし御鉾より始まれり その後南瞻僧伽陀国 波斯弥陀尊者よりこの方 天国ふじとの子孫に傳えて 今に至れり 
願わくは 願わくは 宗近私の高名にあらず 普天卒土の勅命によれり さあらば十方恒沙の諸神 只今の宗近に力を合わせてたび給へとて 幣帛を捧げつつ 天に仰ぎ頭を地につけ 骨髄の丹誠聞き入れ納受 せしめ給えや 謹上 再拝 いかにや宗近勅の剱 いかにや宗近勅の剱 打つべき時節は虚空に知れり 頼めや頼めや ただ頼め

 

 

IMG_6819.JPG

【狐蛇】 DEC/2008習作

この写真は(2)B の金粉彩色した面を撮影したものです。
目の鋭さを強調するため、目金具にライトを少し当て、反射させて撮影してみました。
目金具は銅板です。本来はこの上に金箔を張り粗しをかけるのですが、先生は銅板のままでも面白いとおっしゃいますので、そのまま赤目に仕上げました。

 


雑考:般若のような迫力ある表情をしていますが、霊狐とはいえ狐です。うまく化けることが出来たかな?と懐疑的心理が、上目使いの表情にでていますでしょうか。とても滑稽な面であるように私は感じますが・・・

朗読「能とは何か」 (夢野久作 著) http://www.nicovideo.jp/watch/nm6380197

上記のオープニング画面にこの狐蛇をおとり上げいただきました。


nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 10

コメント 4

machiguwa

こんばんわ,ソネフォトではいつもお世話になります
相変わらず能面造りりに励まれているようですね
気持ちを込めながら,更にイメージを持って
彫る作業は精神修行のようなものでしょうね
面を観ていると気持ちが惹きつけられる時がありますよ

次回の彫り期待して御礼申し上げます。


by machiguwa (2009-02-06 19:09) 

般若坊

machiguwa さん ソネットフォトではいつも素晴らしい画像を拝見し、毎回感動をありがとうございます。
恥ずかしい気もなく、拙い面を公開しております。
先生は『石の上にも7年』ともうされております。あと1年ちょっとしかありませんが、どうなってしまうのか?焦っております。
by 般若坊 (2009-03-05 23:57) 

般若坊

yannさん、sigさん、tasuchanさん、地蔵さん、クララさん、アヤメ7さん、rose-kさん、takagakiさん いつも Nice をありがとうございます。
by 般若坊 (2011-07-06 16:33) 

般若坊

あゆさこさん Niceをありがとうございます。気がつかないでお礼が遅れましたことを、おわびします。
by 般若坊 (2011-11-18 23:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。