So-net無料ブログ作成
検索選択

2007-11-15 能面の種類と分類

能や狂言で使用される面は、次の種類と分類に寄るようです。

能面の種類と分類

1)神仏面
  天神、不動、神体、釈迦、邯鄲男(かんたんおとこ)、雷(いかずち)
2)翁面(おきなめん)
  黒式尉、父尉、白式尉、延命冠者
3)少年面
  童子、慈童、大童子、喝食
4)武将公達面
  平太、中将、敦盛、十六、若男、今若
5)尉面(じょうめん)
  朝倉尉、石王尉、三光尉、皺尉(しわじょう)、阿古父尉、小尉、舞尉、
  木賊尉(とくさじょう)、小牛尉、笑尉
6)専用面
  猩々、弱法師、蝉丸、頼政、俊寛、景清、一角仙人
7)鬼神面
  大飛出、大ベシ見、小飛出、小ベシ見、黒ベシ見、黒髭、野干(やかん)、
  猿飛出、牙飛出、釣眼(つりまなこ)、牙ベシ見、髭ベシ見、白ベシ見
8)鬼畜面
  顰(しかみ)、小獅子、獅子口
9)怨霊面
  悪尉、ベシ見悪尉、鷹、霊怪士(りょうのあやかし)、阿波男、痩男、
  霊女(りょうのおんな)、十寸髪(ますかみ)、泥眼、橋姫、三日月、筋怪士、
  二十余、真角、千種男、蛙、淡男、少将、一角仙人
10)若女面
  小面、泣増、増女、節木増、孫次郎、若女、連面、万媚、近江女
11)中年女面
  深井、曲見(しゃくみ)、浅井
12)老女面
  老女、姥(うば)、小町、桧垣女(ひがきおんな)、関寺女
13)鬼女面
  般若、古般若、山姥(やまんば)、真蛇、蛇、泥蛇、生成

扇.jpg

狂言面の種類と分類

1)神仏面
  福の神、恵比須、毘沙門、大黒、登髭
2)人間面
  祖父(おうじ)、乙御前(おとごぜ)、ふくれ、尼
3)亡霊面
  鼻引、通円、塗師平六(塗師)、楽阿弥
4)鬼類面
  武悪、神鳴、鬼
5)擬動植物面
  ウソ吹、賢徳
6)動物面
  猿、鳶(とび)、犬、蛸(たこ)
7)狐狸面
  伯蔵主(白蔵主)、狐、妙寸尼、狸


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 2

般若坊

takagakiguさん、tasuchanさん、アヤメ7さん いつも Nice をありがとうございます。
by 般若坊 (2011-07-06 16:45) 

般若坊

あゆさこさん Niceをありがとうございます。気がつかないでお礼が遅れましたことを、おわびします。
by 般若坊 (2011-11-18 23:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。